2012年02月15日

KR NCSoft2011年 年間実績発表他 (NC公式 / 時評

エヌシー・ソフト, 2011年年間実績発表

2012/02/15

株式会社エヌシー・ソフト(代表キム・テクジン)は 15日、2011年年間実績(連結基準) 決算の結果、売上げ 6,089億ウォン(約426.2億円)、営業利益 1,347億ウォン(約94.3億円)、当期純益 1,198億ウォン(約83.8億円)を果たしたと発表した。
売上げ及び営業利益、当期純益は前年対比それぞれ 7%と 24%, 18% 減少した。

4分期実績では売上げ 1,390億ウォン(約97.3億円)、営業利益 167億ウォン(約11.7億円)、当期純益 161億ウォン(約11.3億円)を果たし、前分期対比売上げは 6% 減少し、営業利益と当期純益はそれぞれ 51%、42% 減少した。
前年同期対比売上げは 13%、営業利益は 40%、当期純益は 41% 減少した。

エヌシー・ソフトは 2011年の実績に対して、新製品発売開始がなかったし、新作開発など中長期成長動力確保のための R&D投資拡大、マーケティングプロモーションなどによる費用が増加して営業利益が減少したと説明した。

地域別年間売上げは、韓国 4,041億ウォン(約282.9億円)、北米 274億ウォン(約19.1億円)、ヨーロッパ 180億ウォン(約12.6億円)、日本 850億ウォン(約59.5億円)、台湾 179億ウォン(約12.5億円)、そしてロイヤルティ 566億ウォン(約39.6億円)を果たした。

製品別年間売上げはリネージュ 1,957億ウォン(約137億円)、リネージュ2 1,006億ウォン(約70.4億円)、アイオン 2,232億ウォン(約156.2億円)、シティオブヒーローズ/ビルラン 121億ウォン(約8.4億円)、ギルドウォーズ 79億ウォン(約5.5億円)で、その他カジュアルゲームなどが 128億ウォン(約円)を記録した。

リネージュはサービス以来の最大年間売上げである 1,957億ウォン(約137億円)を果たして貫禄を見せ、アイオンはたゆまぬコンテンツアップデートとサービス改善を通じて堅実な実績を維持した。

ナ/ソンチァン経営管理本部長は、「エヌシー・ソフトの成長を牽引してくれる主力製品である「ブレード & ソウル」と「ギルドウォーズ2」などの新規大作を今年実装する予定だ」と述べ、
「グローバル実装を終える来年以後まで持続的な実績向上が期待される」と述べた。

1ウォン=0.07円 翻訳時

2680
posted by 猫大人 at 13:00 | 12-19 ゲーム関連色々 edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする