2013年09月29日

KR test 攻城戦変更、事前イベントレポート (Hera

[テストサーバー] 革命戦争の開始、4つの城をNPCが所有


2013/09/28

絶望的だったギルタスとの戦いは限定的な勝利に終わり、この戦争を指揮したデポロジュは今、自身の健在ぶりを満天下に知らせて再びアデン王に戻るためのアデン領土奪還作戦を計画する。

師グンターの名誉をかけて戦うという意味で自身を赤い騎士団長に任命したデポロジュは、ウッドベック村に前哨基地を建設していくつかの町を攻撃するための準備を開始する。
このデポロジュの動きを把握したケンラウヘルと彼に従う黒の騎士団も、逆襲を準備する。


今まで、リネージュは長期的に持続されたラスタバドの終結、ギルタス征伐が最近まで続いてきた。
これはアデン大陸に侵入した外部勢力との戦いだった。
しかし、外部勢力の終結により、今後のゲーム上のストーリーはアデン大陸の領土を再奪還するというデポロジュと、彼を阻止する反王ケンラウヘルとのストーリーとなる。
アデンの新しい戦雲。これは革命戦争である。

すでに本サーバーで予告された29日に最終戦というタイトル通りに上記の世界観がアデン城、ハイネ城、ウィンダウッド城、ドワーフ城に適用され、全てがNPC所有に変更される。
最終的な攻城戦で勝利した君主には、特典として「冠」が支給される予定である。
これらの攻城戦のうち、ギラン、ケント、オーク要塞の3城だけが既存の方式で進行される。


本サーバー10月6日(日) 午後8時 〜 9時、1時間進行
この時間帯には、オーク、ギラン、ケント城攻城が既存の方式で行われる。

右向き三角1 携帯電話専用のテストサーバー攻城戦体験映像/ウィンウッド、ドワーフ城動画


右向き三角1 PC版テストサーバー攻城戦体験映像/ウィンウッド、ドワーフ城動画


イベント攻城 :ウィンダウッド城、ドワーフ城、20時から21時まで1時間進行 (アデン城、ハイネ城は出入り不可)
従来の方式の攻城 :ケント城、オーク城、ギラ??ン城、20時から〜22時まで2時間進行


革命戦争は毎週のイベントではなく、一回限りのイベントであることが推測される。

本サーバーの攻城イベントの主な報酬アイテムである赤い騎士団の宝箱、赤い騎士の勲章など攻城関連の主な特典として選定されたアイテムが、来る10月10日の点検後に全て消えるということがこれを暗示している。
このため、今後攻城コンテンツと関連して注目される3つの城の戦闘が、さらに激しくなる見通しだ。

革命戦争はNPCと攻城戦を繰り広げるものであり布告ができないため、ガーディアンタワーを占領して所有することができない。

イベント攻城が開始されると、システムコメントでデポロジュの進撃メッセージが出力される。
既存の攻城ゾーンのブックマークや各村にある攻城テレポートNPCを通じ、ウィンダウッド城、ドワーフ城に移動することができる。

sss2946_01b.jpg
イシルロテ[赤い騎士団]
イシルロテ:いよいよ革命戦争の開始です。 ハイネ城を赤い旗師団が奪還した後は、ウィンダウッド城、地底城に行ってテポロジュ様を助けて下さい。
ウィンダウッド城に送って下さい! / 地底城に送って下さい!
攻城戦が進行される間はウィンダウッド城、地底城では死亡しても経験値がロストしなくて、黒い騎士団を倒すことができます。
また、他の人は攻撃できません。


テレポートを利用してウィンダウッド城に移動した。
7時の門の前までテレポートされ、ウィンダウッド城の外観と内観は大きな変化はなかった。
しかし、ここでは黒の騎士団(ケンラウヘル反王勢力)のNPCが隙間なく溢れ出てくる。

sss2946_02b.jpg
現在この地方の領取はTestTeam血盟出身のメティスです。
次の攻城戦時間を尋ねる。


出現するNPCは全てモンスターの役割を実行し、経験値と各種消耗アイテムをドロップする。
現在進行中の赤い騎士団イベント 3ステージのモンスターは上方修正され、城の中で隙間なく登場すると予想される。

sss2946_03b.jpg

地底城、ウィンダウッド城の内部門の方向には、デポロジュの赤い騎士団が配置されている。
攻城ゾーンでは、赤い騎士団の血盟マークと黒の騎士団の血盟マークを確認することができる。
赤い騎士団所属のNPCからは攻撃されず、これらもAIによりに黒の騎士団に攻撃を加える。


−回復はひたすらポーション

sss2946_04b.jpg

攻城ゾーンに入場すると HPをケアするための回復魔法類は一切使用できず、自分にイミュンツーも使用することができなかった。
ひたすら、ポーションや攻撃魔法などを使ってモンスターを制圧しなければならない。
ただし、カウンターマジックスクロールは使用が可能だった。
攻城持続時間である20時から22時のみこのような回復類魔法を使用することができず、攻城が終了するとこの設定は解除され、再び回復魔法を使うことができるようになる。

sss2946_05b.jpg
[セルテイトゥ]イミュンは使えない
[ホラン]イミュンをかけて!!!!!!!!!


sss2946_06b.jpg

攻城が行われる時間中は黒の反王勢力のモンスターたちが継続的に出没し、特定の時間ごとにボス級の反王のボスモンスターが出現する。
ここに出現するモンスターの経験値は、ほとんどギランダンジョンで出現するモンスターから獲得できるものと同様と確認された。

sss2946_07b.jpg
[******]反王の金貨はテストサーバー用アイテムです

現在テストサーバーでは黒の騎士団モンスターから各種消耗アイテムとは別に反王の金貨を獲得することができるが、反王の金貨は テストサーバー専用のアイテムだと確認された

sss2946_08b.jpg
反王の金貨交換員[アデン補給兵]
ウィンドブレードソード / 真冥王の執行剣 / ホーリーヘドロンスタッフ / レッドシャドウデュアルブレード
エイショントジャイアントリング / オリムのネックレス / セマの指輪 / ナイトゥバルドのツーハンドソード


本サーバーでは赤い騎士の勲章がドロップされる予定である。
これは経験値3%に交換するか、または赤い騎士団の宝箱に交換して使用するとされる。
本サーバーでは、補償を多くを獲得して経験値を簡単に高めることができる機会が与えられるだろう。

そのため、攻城時間中は城の中で2時間のパーティー狩りをして経験値を習得したり、出現するボスモンスターから知らないレアアイテムや赤い騎士の勲章を獲得することが重要であるわけだ。
後日参加度に応じて追加または変更があるだろうが、現在の本サーバーでは経験値獲得もそれなりにメリットがあるようだ。

sss2946_09b.jpg
黒い騎士団

テストサーバーの経験値支給団によって参加したキャラクターの平均レベルがすべて75レベル(防具+8セット)以上ではあったが、イミュンが使用されていないせいかポーション消費が非常に大きく、モンスターも強いと感じた。

sss2946_10b.jpg
反王のリーパー

sss2946_11b.jpg
黒い騎士団

地底城にも同様に反王勢力の黒の騎士団モンスターが出現する。
ウィンダウッド城が最初に開始されたため、地底城にはモンスターが集まっていた。

イベントが繰り広げられる地底城、ウィンダウッド城の場合、攻城が終了するとシステムメッセージでデポロジュが上記の城を奪還したというコメントが出力される。

sss2946_12b.jpg
テポロジュ:誇らしい! 赤い騎士団よ! ウィンダウッド城と地底城奪還に成功した!

攻城が終了するとデポロジュが獲得した各領域に属する町で花火が炸裂し、システムメッセージで攻城お祝い関連メッセージが出力される。
本サーバーでは、各村に建てられた銅像を介して攻城戦終了から2時間だけ(22時から〜00時まで)、エンチャントを受けることができる。

sss2946_13b.jpg
アデン エンチャント銅像:テポロジュ様の命令で設置されたエンチャント銅像です。 今日21時から23時まで受けられます。
銅像に手をのせる。

運勢エンチャント:最大HP+50、最大MP+30、AC-2 / 残り時間:1798秒

エンチャントの効果は以下のとおりである。

アドバンスドスピリット、ヘイスト、アイアンスキン、ネイチャーズタッチ、フィジカルエンチャント:STR、フィジカルエンチャント:DEX、占いバフ(HP+50、MP+30、AC-2)

sss2946_14b.jpg
テポロジュ:また、勝利を記念する銅像もたてろ!
テポロジュ:皆、苦労が多かった! 本当に誇らしい! だが、行く道は遠い!


攻城が終了すると、4つの城(ハイネ城、ウィンダウッド城、地底城、アデン城)はNPCが占めたというシステムメッセージが出力される。
ギラン、オーク、ケント城の場合は、このコメントとは関係なく持続する。

sss2946_15b.jpg
攻城:赤い騎士団が攻城戦で勝利しました。
城を所有している血盟
アデン城:黒い騎士団(アデン)血盟 / 地底城:赤い騎士団(地底)血盟
ハイネ城:赤い騎士団(ハイネ)血盟 / ウィンダウッド城:赤い騎士団(ウィンダウッド)血盟


攻城がなされていないアデン城とハイネ城

これ以上の攻城がなされないアデン城の場合には、NPCたちが門を封鎖していて進入が不可能である。
城の所有者は、自動的にNPC所有に変更される。
もちろん、門が詰まっている関係で城ダンジョンも出入りも不可能になった。
この城はウィンウッド城、ドワーフ城攻城戦終了時間に合わせて自動的に攻城終了し、城の所有者はNPCに変更される。

sss2946_16b.jpg


−今後の主な舞台は、ギラン城、オーク要塞、ケント城

sss2946_17b.jpg
攻城:城を取得
攻城:攻城戦が終了しました! 城を所有している血盟
ケント城:攻城戦は終った血盟
オーク城:testteam血盟
ギラン城:黒い騎士団血盟


イベント戦とは異なり、既存の設定に従う。
そのため、ガーディアンタワーを攻略して城を獲得する方法が続く。
攻城時間も従来の2時間に応じてイベント攻城時間よりも1時間早く進行され、終了コメントも2時間後攻城結果が再表示される。

sss2946_18b.jpg
ガーディアンタワー

現在、テストサーバーで既存の攻城が行われている城では特別な機能の追加は見つけることができなかったし、本サーバーと同じであると確認された。
しかし、通常の攻城戦が3つと少なくなった結果に基づいて、今後の機能改変や追加などのアップデートもあると期待している。

sss2946_19b.jpg
オービル[侍従長] / 王宮ゲートキーパー[テレポーター]
次のとおりです。昨日一日の収入:4948002アデナ
基本支出:6000アデナ / 昨日決算:4942002アデナ / 現在の資産総額:4942002アデナ


革命戦争記念で攻城戦がなされていない町々には、今後のイベントや、別のエピソードの連携などがどのように活用されるか予測するのは難しい。
しかし、今後、この3つの城がサーバーでの攻城戦のメインストリートとして注目されるかもしれない。

というのも、NPCが所有している4つの城は全て税率が30%に調整されていたからだ。
本サーバーでも同じかどうかを確認することはまだできないが、税率は城所有者が調節が可能なので、NPCが獲得した城は運営側の税率調整である。
そのため、税金が高い場合利用率は減少するしかなく、税率が低いところの利用率は高くなるという原則に基づいて利用者の分布が変わる現象もおこるだろう。

sss2946_20b.jpg
ピウス[雑貨屋]
ピウス:物価は30%程度だ。ふぅ・・・ 原価が安ければ何とかします。税金がこのようにつくので・・・

象牙の塔の村の場合は地底城の税率に影響を受けるが、クエストが行われる象牙の塔の神秘的な精髄の購入費用もNPCの設定によるので、流動的か永続的か、その価格に影響を与える。
ポーションを節約するために多額のキャッシュアイテムを使用するほどに敏感なユーザーにとって、ゲーム内の消費アイテムであるポーションは税率の変動に最も敏感な部分ではないかと思う。

sss2946_21b.jpg
プリトゥ[雑貨屋]
プリトゥ:物価ですか? あらまし30%程度でしょう。勉強して差し上げるから他の所に行かずに私に売って下さい。ええ? ええ?

そのため、NPCが設定した税率よりも少しだけ低くしたり、競合する他の城主と同じように維持させるかが城を所有したときの課題として残る。
税率の適用についてもう少しディテールの設定が反映されれば、おそらく今のような消耗アイテムを販売するNPCなどの変化も変わっていただろう。

sss2946_22b.jpg
ローゼン[ポーション商人]


その後、城ケイブはどうか?

テストサーバーでは、NPCが所有している地底城、ウィンダウッド城の場合は門が開いていた。
そのため、城が開放された場合城ケイブは消えずに存在していることが確認された。
ウィンダウッド城のケイブと地底城のドワーフの鉱山にも、入場が可能となった。

sss2946_23b.jpg
ウィンダウッド城ケイブ / キングバグベアー

この設定が本サーバーにも持続するかは、未知数だ。
これから入場が可能な城ケイブは、所有した血盟の開放の有無に基づいて、まずケント城ケイブ、ギラン城ダンジョン、オーク城ダンジョンの3個。
そして、NPCが所有しているウィンウッド城、ドワーフ城の設定に応じての2カ所が増えることになる。

sss2946_24b.jpg
ポワル:さあ、それでは観光料金だして!
12000アデナ


この日攻城戦に参加したユーザー達は、NPCと攻城戦を進行するという部分で多少興味を失ったような姿を見せた。

sss2946_25b.jpg

補償をかけての爽快なPvP進行から、パーティー狩りに転換されたからだろう。
本来の設定であればユーザーで混んでいなければならないはずだが、対モンスターへと変更された設定ではこのような適応は容易ではないという感じを受けた。
攻城戦ではなく、攻城ゾーンの外でPvPを楽しむユーザーも存在した。

sss2946_26b.jpg

今は、革命戦争というテーマに合わせてゲーム内でも大小の変化が起きる時期だ。
このエピソードとアップデートに合わせて色々な事が持続するのではなく、激しい攻城戦は従来の方法に続く3つの城により関心が集中するだろう。
上記のように、税率と今後の城ケイブなどの機能は城を所有する城主血盟の恩恵を受けるからだ。

事実上、現在の攻城戦はユーザーいとって大きな意味がない。
不十分なバリケード、低調な参加人数、ゲーム内で最も代表的なコンテンツが俗に言うダッシュによって振り回される現象が続いている。
そのため、このような状況では以前とは違って特別な意味も熾烈な姿も見られない。

結果的に攻城戦をどのような姿にするのかについては、ユーザーがどのように意識し、また、どの程度参加するかが最も重要なポイントである。
コンテンツがどのように変更されたとしても、フィールド構図上互いに敵対状況ではない場合大きな変化を期待するのは難しい。
立場によって敵を作らなければならないとすれば、敵を減らすかもしれない。

これに伴い、今後は税率分配など様々な変化の中、名分を維持するためにコンテンツの利用をあきらめなければならない状況を選択する場合も出てくるだろう。
また、これに反する現象とに明確に分かれるとも予測される。

フィールド構図のバランスがとれたサーバーであれば3つの城を中心に攻城戦がより活発になるだろうが、そうでないサーバも多数存在している。
革命戦争を刺激とし、潜在している複数のサーバーのフィールド構図にどのような影響が及ぶのか、色々予想がされている。

? 現在のPvPテストサーバーでは、75レベルのキャラクターと+8セット、主要魔法などの支援を受けることができますので、本サーバー適用前にあらかじめ体験してみることをお勧めします。



リネージュヘラオンライン−ヘラ( hera@heraonline.net)



記事元:韓国公式
http://heraonline.net/index.php?mid=LinReporterNews&search_target=nick_name&search_keyword=%ED%97%A4%EB%9D%BC&document_srl=74821

2946
posted by 猫大人 at 21:30 | Comment(0) | 12-14 テスト edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。