2014年05月31日

KR 新規ユーザーの参入障壁の厚さ (HERA

[全体] 復帰休眠ユーザーの参入障壁が厚い


2014/05/29

「再起動する負担、リネージュ、何が問題なのか」

「新機能はいいですが、参入障壁として適用」
15年以上の長寿ゲーム「リネージュ」は長い歴史と伝統を持つオンラインの人気ゲームであり、ゲームをプレイしていない人々にも「リネージュ」という言葉はどこかで一度は聞いたようなおなじみの言葉であり、ブランドである。
それほどの歳月の中、「リネージュ」は自然と高レベル化を超えた高レベルの時代を迎えている。

これにより、ゲーム会社はリネージュを新たに開始する新規ユーザと戻ってくる復帰ユーザーには少なくともレベルの格差を減らそうと多くのコンテンツを提供しているが、その効果は不十分だとゲームをプレイするユーザー達は口をそろえている。

様々なコンテンツと、ユーザー自らの努力でも余裕がない事案が何なのか、調べてみた。



1. 復帰勇者システム

sss4000_01b.jpg
久しぶりに訪れた勇士様、本当にありがとうございます。
装備支援|装備・ステータス・猟場推薦|アップデート ヒストリー案内
−>入場する
今日一日これ以上見ない
・ミナエルの装備用意順序を知りたいです。


30日間一度もゲームに接続したことがない利用者が利用するこのシステムでは、3日間、10時間無料で利用できる利用券と各種消耗アイテム(30日間の使用制限)、復帰勇者の専用村(エンチャントと消耗アイテムをお得に購入できる)などの特典が与えられる。

sss4000_02b.jpg
3日10時間無料利用権
30日間リネージュ接続を一度もしない顧客のための一番目のプレゼントです。
ゲームに接続する前に、必ず勇士の支援品クーポンを受けて休眠無料利用権を取得してください。
勇士の箱
勇士の支援品クーポンを受ければ、勇士の箱を取得することができます。


いわゆる破格的なサポートはないが、長期間ゲームを離れていたユーザーにとっては非常に効率的だという評価が相次いでいる。



2. 習得アイテムの減少による狩り場制限

復帰したユーザーが最も当惑を感じるのは、「以前のように狩りで財貨を蓄積することができない」という点である。
別名「鉄塊土方」、「原石土方」などの退屈な繰り返しや、富を蓄積してアイテムをアップグレードすることが不可能になり、基本的に赤字を免れない狩りに満足できない復帰ユーザーが相当数存在する。

sss4000_03b.jpg

したがって、他の人々が行くような狩り場に出入りをしても、退屈を大きく感じることになる。
一般的に、「象牙の塔」、「話せる島のハーディン/オリム」以外赤字を免れることは難しい、という意見が支配的だ。

sss4000_04b.jpg

ここ最近のリニューアルを通じて変化した狩り場はすべて高レベル地域にリニューアルされており、ポーション消耗が大きかったり、消耗を無視せざるをえない狩り場になってきている。



3. 降り注ぐキャッシュアイテム、参入障壁として適用

着用装備「Tシャツ」をはじめ、アクセサリー類のリング、イヤリングのキャッシュアイテムの登場と共に、最近では、装身具スクロール(エンチャント数値によって効果)まで登場するなど、降り注ぐキャッシュアイテムにリネージュを再起動するユーザーはかなりの負担に感じている。

sss4000_05b.jpg
+3ルムティスの青い光のイヤリング(着用) / AC0+0 / クラス:[全体] / 材質:宝石 / 重さ5 / 交換不可 / 削除不可

時間を投資してレベルの差を徐々に絞り込むこともできるが、キャッシュアイテムは、ただ「財力」でのみ解決が可能なのだと負担を感じるしかない。
また、定められた販売期間のみ購入できるという点も、時間が経つにつれ理解するのが難しいのが実情だ。

エンチャント数値に応じた効率が付与されるキャッシュアイテムは、たとえ欲を持たなくても狩猟や戦闘において大きな違いを示すため、このゲームをするのにに必要なアイテムに位置している。
相対的に、疎外されないよう無理な投資をする傾向があり、それに伴う副作用が大きいことが最大の問題である。



4. 時代遅れのキャッシュアイテム、毎回新しいアイテム発売

過去に販売されたキャッシュアイテムが、無用の長物になる場合もある。
一例として、「[キャラクター名]信仰/希望/愛/信頼リング」と「[キャラクター名] Tシャツ」は、新しい高効率のキャッシュアイテムに押され、悩みの種となって久しい。

エンチャントに応じた機能強化のアイテムが発売され、上記アイテムは何の役にも立たなくなり、
時間が経つにつれ、新たなキャッシュアイテムの登場でそのエンチャントのキャッシュアイテムを手に入れても、いつか無用の長物になるか心配な人たちもかなりいる。

sss4000_06b.jpg
+7****の体力のTシャツ(着用) / AC 0+7 / クラス:[全体] / 最大 HP+50 / 材質:布 / 重さ5 / 交換不可 / 削除不可
****の魔法抵抗の指輪 / AC1+0 / クラス:[全体] / MR+5 / 材質:宝石 / 強度:上 / 重さ1 / 交換不可 / 削除不可

15周年記念行事で開発陣を通じて言及された「リネージュで捨てる必要はない」という言葉のように今後どのように変化するか知ることはできないが、後日再びキャッシュアイテムを購入しなければならないという考えに、復帰ユーザーは再びリネージュを離れることになる。



5. 特化サーバーの代替、新サーバー登場だけが能である

過去の時代にはキャッシュアイテムがなく、レベル制限のある特化サーバーが登場した当時、リネージュはもう一回大きな人気を享受した。
この時同時接続者が1万人に迫っていた「オークサーバー」は、復帰ユーザーにとって砂漠のオアシスのような存在であった。

特化サーバーでのレベルの固定化が行われるにつけ、本サーバーと同じキャッシュアイテムが登場し、これに不満を持ったユーザーはオークサーバーを一人二人と後にした。
特化サーバーの特色が消え、人気も徐々に減った。

続いてカーツ、バフォメットサーバーが同時に登場し、オープン待ち状態のデーモンサーバも存在するが、むしろ「ユーザを分散」する効果を生んでいるという指摘も言及されている。

最終的には他サーバーでも利用者数の減少現象により、「アウラキア」サーバーと「ハルパス」サーバーの統合の前例が間もなく適用されると予測しているユーザーも多く存在する。
本サーバーもいつかは統合されるかもしれない、という意見も増えている。

キャッシュアイテムの登場でゲームバランスが崩壊したという意見は数年前からあったが、問題が表面化したのは最近である。
頻繁なキャッシュアイテム登場よりも深刻さが指摘されているのは、「既存のアイテムを廃止する」である。

数ヶ月の努力で用意したアイテムが光を見る前に高効率のキャッシュアイテムの登場で価値が大幅に低下したり、取引すらできない状況が出てきて、市場経済が崩壊している。
努力ではなく財力だけでゲームの効率を高めることができるというのが、復帰ユーザーにとっては負担として適用されている部分である。

一方、リネージュは、来る6月25日まで「オリムの装身具スクロール」として再びエンチャントキャッシュアイテムをリリースしている。


リネージュヘラオンライン-親切な豆腐さん( hitelpc@naver.com )



記事元:韓国公式
http://heraonline.net/index.php?mid=LinReporterNews&search_target=nick_name&search_keyword=%ED%97%A4%EB%9D%BC&document_srl=113331

4000
posted by 猫大人 at 15:53 | Comment(0) | 12-19 ゲーム関連色々 edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。