NCソフト、NCソフト2015年の業績を発表


NCソフト2015年の業績を発表
2016.02.11

− 連結売上高8,383億ウォン、営業利益2,375億ウォン、当期純利益1,664億ウォン
− 主力IPの成長と国内外の売上高の多様化
− 2016年、グローバル市場でのPCオンラインとモバイル新作披露

株式会社NCソフト(代表キム・テクジン)が、2015年の年間実績を発表した。
決算(以下連結ベース)の結果、売上高8,383億ウォン(約838.3億円)、営業利益2,375億ウォン(約237.5億円)、
当期純利益1,664億ウォン(約166.4億円)を記録した。
売上高は前年水準を維持しており、営業利益と当期純利益は、前年比15%と27%減少した。

第4四半期の業績は、売上高2,370億ウォン(約237億円)、営業利益749億ウォン(約74.9億円)
当期純利益422億ウォン(約42.2億円)を記録した。
前期比売上高と営業利益はそれぞれ21%、48%上昇しており、当期純利益は38%増加した。

年間売上高を地域別にみると、韓国5,338億ウォン(約533.8億円)、北米/欧州1,243億ウォン(約124.3億円)
日本427億ウォン(約42.7億円)、台湾389億ウォン(約38.9億円)、ロイヤリティ987億ウォン(約98.7億円)である。

製品別では、リネージュ3,129億ウォン(約312.9億円)、リネージュ2 630億ウォン(約263億円)、アイオン737億ウォン(約73.7億円)
ブレード&ソウル1,139億ウォン(約113.9億円)、ギルドウォーズ2 1,005億ウォン(約100.5億円)
その他のカジュアルゲームなどが756億ウォン(約75.6億円)を記録した。

代表IPのリネージュとブレード&ソウルが、サービス以来最大の年間売上高を記録した。
B&Sは台湾で好調を見せ、前年比38%の売上成長を記録した。
B&Sは2012年に発売されて以来、3年連続で売上高成長を続けている。
北米/欧州ではギルドウォーズ2が拡張パックを発売し、第4四半期のみ、前年同期比94%の売上増を記録した。

NCソフトのユン・ジェス最高財務責任者(CFO)は、「主力IPの成長と国内外の売上の多様化を通じて、次期新作の準備に集中した
一年だった」とし 、「今年は、グローバル市場でPCのオンラインとモバイル新作発売を本格化するだろう。」と述べた。


1ウォン = 約0.10円(翻訳時)

区分
Q4,15
Q3、15
Q4、14
QoQ
対前期比
YoY
対前年同期比
売上高
2,370
1,957
2,351
21%
1%
営業利益
749
506
874
48%
-14%
税前利益
622
519
937
20%
-34%
当期純益
422
306
623
38%
-32%


区分
2015
2014
YoY
対前年同期比
売上高
8,383
8,387
営業利益
2,375
2,782
-15%
税前利益
2,395
2,890
-17%
当期純益
1,664
2,275
-27%



記事元:韓国公式
http://kr.ncsoft.com/korean/board/view.aspx?BID=mc_press&BC=&SYear=&SType=&SWord=&PNo=1&BNo=2221

6783